コーチング起業・副業のマインドセット

心が折れる前に!「忙しい、疲れた」が「余裕、充実」に変わるポイント


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

スケジュール帳が真っ黒じゃないと不安

「ちょっとでも隙間があると気持ち悪い!不安!埋めたい!」

なんて思ったりしていませんか?

 

「こことここの予定の間に、もう一個何か挟んどくか?」

みたいになってたら、もう重度だと思いますが(笑)でもその気持ち、よく分かります。

 

僕も、少しでもスケジュールに隙間があると嫌でした。

 

大学時代は「学校⇒バイト⇒飲み会⇒学校⇒バイト⇒飲み会、、、」と書くとチャラい大学生みたい(実際そうだったかもs)ですが、卒業に必要なコマ数+取れるだけの教職課程をとっていたので、大学2年生が終わる時点で卒業単位(相当)を取っちゃうような、朝から晩まで学校にいる けどストイックに遊びにも出かける みたいな学生。

しかもそれで、掛け持ちしていたバイト代で20〜30万円くらいいただいてた(お酒を飲む仕事は全くしてません)ので、暇ではないことは分かっていただけるかと。

 

「倒れる」が恒例行事になる

大学一年から三年まで、冬になると必ず突然の謎の高熱が出て、病院に行くとドクターストップがかかりました。

ただの(と言ったら今のご時世では怒られますが、、、)過労です。

 

冬で良かった。夏だったらそのまま死んでだかも。

ちなみに四年のときは、最愛の母が夏に亡くなったショックで、冬まで記憶喪失です(笑)

 

ただ、元気になった後はやっぱり「いかにスケジュールを黒く埋めるか」が命題だったので^^;

忙しくしては、定期的に「倒れる」「大きく体調を崩す」が恒例になってたわけです。

 

さらにその中で「東京マラソン」という鬼のイベントに当選してしまい(なぜ応募したのか!)、完全に毎日がランナーズハイだった僕は、その勢いで血迷って歩き遍路(歩いて四国八十八ヶ所のお寺を巡る旅)まで始めたり、他にも様々な暴挙に出ました。

 

今となっては「どういう時間のやりくり?!」と思うわけですが、当時はそれが当たり前というか、もはや「いかに自分を追い込むか教」に入信してたので、基本信念が「倒れるまでやってこそ!」だったわけですね。

 

原因はコンプレックスだった

ところがある日、信者は気づきました。

「何のために、ここまで身体張ってんの、おれ?」

 

せっかくの機会なので、よく考えてみたんです。

そうしたら、色々と思うところがありました。

 

その中でも最も大きかった影響が、コンプレックス。

 

学生時代は、体力もあったし、やりたいことも沢山あった。

勉強もしたいし、バイトもしたいし、遊んだり、飲み会も行きたい。

だから、純粋に楽しくて動いてたら、バッテリー切れで倒れちゃった、みたいな感じ。

 

でも社会に出てから、僕のような自営の人間は、とにかく暇が怖い。

収入がない怖さだけじゃなくて、社会から必要とされてないとか、存在価値とか、何かそういう根本を問われているような感じ。

 

 

しかも当時の僕は「年齢コンプレックス」と「普通コンプレックス」という二大巨塔を抱えてまして。

 

「若さは武器」って言いますが、少なくとも当時の僕には、僕のような職業にとって若さはネガティブ要素でしかなかった。

 

みんな「若いうちから色々学んで自分でやって、すごいね〜」と言ってくれました。

でも、それは「尊敬」ではなく「子どもを褒める感覚」に近かったと、少なくとも当時の僕は感じていて、家なき子の「同情するなら金をくれ」ばりの感情で「褒めるなら仕事くれ」と思ってました。

 

実際、仕事をくれた人はほとんどいなくて。

だったら褒めてくれるな、赤ちゃん扱いするな、と、自分の心が反骨心で満ちていくのを感じていました。

 

で、その反骨心を満たして、安心させてくれるのが、活動量だったわけですね。

 

 

それに加えて、自分の「普通の人」さ加減にも嫌気がさしていて。

 

何をやっても人並みにはできるけど、特筆すべきことがない。

能力も、見た目も、育ちも、経歴も、ステータスも、あらゆる事が、普通。

 

そんな若くて普通のやつが、コーチングをしたり、教えたりできるのか?

 

そういう不安や恐れからの防衛反応として、できる事が、スケジュール帳を埋めること。

案件が全然入ってなくても、ブログを書くとか、そういうことをイチイチ書いては黒く埋めて。

 

 

忙しいのが好きだと思ってた。でも違った。

今は、コンプレックスが、忙しくさせているだけ。

楽しくなんか、ない。

 

 

収入も全然なかったから、その事実がキツくて、切なかったのを覚えています。

 

いつまでも身体は張れない

前振りのつもりで書いてたのに、長くなっちゃった(笑)

本題です。

 

まず、いつまでも身体は張り続けられないこと。

 

「元気なおじいちゃん(おばあちゃん)は、いる」みたいな、そういう話ではなくて。

いくらジムに通って体力を蓄えようと、日々、力仕事をしていようと、基本的に体力は落ちる一方です。

 

トップアスリートでさえ、体力の衰えで引退するんです。

一般人が年々元気になっていくことなんて、ほぼありません。

 

だけど、なぜか「来年も今と同じスケジュールをやれる(何ならもっと頑張れる)」と思っちゃうところが、怖すぎます(笑)

 

特に自営業の方で(僕もこれ実際にあったんですけどね)、

「1日XX人をコーチングすれば、1ヶ月でXX万円の売上になるなあ〜」

みたいなことを考えることがあると思うんですが、ぜひこうも考えてみてください。

 

 

それ、2年後も、3年後も、5年後も、(体力的に、気力的に)続けられますか?

 

 

無理だとしたら、ビジネスモデルが破綻してるか、どこかで軌道修正したり、見越したプランニングが必要ですね。

特に「カリスマ」になっている方や、後継者や引き継ぎがいないとなると、厳しくなっていきますね^^;

 

余裕を持ちたくないのは、なぜ?

「体力がキツいのは分かる。けど予定は、ギチギチにしたい」

その気持ちは分かります!(自分もそうだったので)

 

それが好きなら、良いと思うんです。

職場で死ねるなら本望だ、と(笑)これが充実だ、と。

 

でも、べつに好きでもないし、望んでもいない、だけど余裕が持てない。

だとしたら、少し向き合ってみても良いかもしれません。

 

僕のように、何かしらの不安や恐れ、コンプレックスなどがあるかもしれないし、また全然違う理由かもしれません。

それを見つけた結果、やっぱり予定ギチギチが良いや、でも良いと思うんです。

 

でも、無自覚のまま「何でだろうな〜」で過ごしていくのは、それこそ、ちょっと怖くないですか?

 

余裕を持つと生まれる、良いこと

僕が「予定 ギチ男(今さら名付け)」だったときは考えてもいませんでしたが、スケジュールに余裕があるって、なかなか素晴らしいです。

 

まず、僕はなるべく子どもと一緒にいられる時間を確保しながら、仕事をしています。

 

「子どもが寝ている間に家を出て、子どもが寝た後に帰ってくる」みたいな働き方は、絶対にイヤだったんです。

だから、そうならずに、どうしたら一緒にいられる時間が増やせるかを考えて、実行しているところです。

 

子どもは覚えていないかもしれませんが、僕にとっては、人生の大切な経験、思い出になってます。

 

それから、スケジュールって、結構ギリギリに入ったりすることも多くないですか?

仕事だけじゃなくて「来週空いてる?キャンプ行かない?」とか「明日の野球のチケットがあるんだけど!」とか。

 

その時に、ギチ男だったら、全断りですよ。

 

「ごめん、来年まで空いてない」とかね。

お前はあれか、3年待ちのレストランか何かのシェフか!みたいな。

 

でも余裕があれば、行きたくなければ断るし、行きたければ行くし、選択できるようになるんです。

 

両手がふさがってたら、本当に欲しいものが掴めなくなっちゃうぜ!(ってイケメンが言ってるのを想像してみてください)

 

余裕が生まれる5つの提案

じゃあ具体的に、どうしたら余裕を生み出せるようになるか?

いくつか並べてみますので、何かこれ良さそうってものを探してみてください。

 

1.やらないことを決める

やることよりも、やらないことを決めましょう。

「本当にこれ必要?本当に?ないと死んじゃう?」

そう自問自答してみてください(笑)

 

2.優先順位をつける

スケジュールすべてが大事なのは分かりますが、あえて順位をつけます。

基準は、かの有名な「緊急性(の高低)と重要性(の高低)」のマトリックスを作ってもいいですね。

自分の喜びや理想のライフスタイルに沿っているか、とか、基準を自分で決めてもOKです。

 

3.受け身言葉をやめて主体言葉にする

「予定が入っちゃって」みたいな「誰かから入れられちゃった系」の受け身言葉は、NG。

 

もちろん例外はありますが、予定は勝手に入らないし、自分の予定を決めるのは自分。

そう思って「(自分が)予定を入れた」と主体的な言葉を使うようにしてみてください。

 

随分と人生のコントロール感が変わるはずです。

 

4.積極的休養日をブロックする

「誰からの連絡も受けない、スマホも見ない、休むことしかしない」

みたいな、積極的休養日を作って、何としてでもブロックしてみてください。

 

休むことに罪悪感がある方も結構多いので、たまにやると画期的だったりします。

寝るなり食うなり、人生の充実のために贅沢に使ってみてください^^

 

5.思い込みやこだわりを緩める

「こうでなければならない」「こうあるべきだ」

そういう思い込みやこだわりを、少しで良いので、緩めてみてください。

 

「たまにはこうであっても良い」とか「こういう時もある」くらいでOKです。

決めつけず、試しにやってみる、ってのも価値がありますよ。

 

「助けて」が言えるように

最後になりますが、優秀な方、あるいは優秀になりたい方、自分を優秀であると思い込んでおきたい方(以前の僕のことです)は、全部自分一人でやりたがるクセがあります。

 

分かります。

仕事なら自分でやった方が早いし、質も高いし、教えてる時間モッタイナイし、人は辞めてくし。

 

ただ、この「教えてやるよ」マインドだと、ずっとそのループからは抜け出せません。

困るのは、誰でもない、自分自身です。

 

だからこそ、そこから「助けて欲しい」と言えるようになったとき、状況は一気に好転します。

 

「誰も自分のことでいっぱいだし、助けてなんてくれない」って思いがちですが、案外そうでもないです。

 

・・・まっ、たまにそういう人もいますが(笑)

多くの人は、人を助けるのが好きです。喜ばれるのが好きです。

 

「助けて」って言ったら、意外と助けてくれます。

 

でも言えないんです。

恥ずかしい、プライドがある、何を助けて欲しいか分からない、、、etc

 

 

だからこそ、助けてもらう練習をしてみませんか?

 

助けてもらい上手な人、周りにいません?

あなたがつい助けたくなる人、周りにいません?

 

そういう人を、モデリングしてみてください。

 

ライフスタイルの余裕は、人間的な余裕にも現れます。

あなたの人生にも、たくさんの価値をもたらしてくれるかもしれませんね^^

 

 

体力が尽きて、2〜3日寝込むくらいなら、かわいいものです。

でも、同時に「心」まで折れてしまったら、大変です。

 

身体と心はつながっています。

 

心と同じくらい、身体も大事にしてあげてくださいね。

 

あっ、僕になら、いつでも「助けて」って言ってもらってOKですからね^^

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたはもう診断しましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊池の著書が好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】友だち申請の際は一言ください。
http://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

【 菊池式NLPコーチング入門セミナー 】

 


The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

▼あなたはもう診断しましたか?

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

▼菊池式NLPコーチング

PAGE TOP