NLPコーチング

「空気を読んで行動しない」なんて、世界の損だよ。


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、

起業家のためのコンサルタント/コピーライターの

菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

 

 

このところSNSのタイムラインを見ていると、

熊本や大分に関連した話題で持ちきりという感じですね。

 

5年前もそうでしたが、タイムラインの雰囲気というか、

独特の集合意識みたいなものが伝わってくるのを感じています。

 

 

 

僕も5年前の地震の日を、今でもハッキリ思い出すことができます。

 

 

 

あの日は仕事で新宿にいて、街中が混乱してました。

 

「帰宅難民」という言葉に漏れず、僕も電車で40分の距離を、

バスと徒歩で7時間くらいだったかなあ・・・ずっと胸をドキドキさせながら帰りました。

 

 

当時は湘南ではなくて、東京の実家に住んでいましたのでね、

地元から1時間くらいのところまでバスで帰れて、そこから歩きで。

 

そこで出会った知らない女性(僕と同い年くらいだったかな。美容師さんだった。)を

なぜか家まで送り届けて(たしか夜中の2時過ぎで、真っ暗だし余震あるしで危ないから)

心細い気持ちで実家に帰りました。

 

 

 

 

その日からもね、TVでは「あの映画のような映像」が毎日流れるでしょ。

 

しかも、揺れるし、SNSのタイムラインも大混乱だし、仕事も不規則になるし

突然の非日常に、僕だけじゃなくて多くの方が、ものすごいストレスを感じてたと思うんです。

 

でも、

 

「でも東北に比べれば・・・」

「命があるだけいいから・・・」

「自分よりも東北の人たちに・・・」

 

なんて気持ちから、自分のことを後回しにしがちになった方も多かったと思います。

 

 

 

 

結構ね、感情をもらっちゃうというか、SNSとかメディアから

「疲れちゃうから見ない」という方もかなり多いんじゃないかと思います。

 

 

たとえ現地にいなくても、

心優しい方は、自分のことのように心を痛めているかもしれません。

 

人の痛みを、自分の痛みとして感じる。

 

これを「慈悲」の心と呼ぶらしいんですが、

熊本や大分の方々ではない、そこのあなたも、ご自身の心のケアを大切になさってくださいね。

 

 

 

 

 

で、

 

僕はというと、毎日冷静に

「自分のすべき、目の前のことをコツコツとこなす」日々を過ごしていますが・・・

 

今日は、知人が九州に物資を送るということで、わずかながら寄付をさせていただきました。

12987227_1073701956033901_7268142349515357360_n

紙おむつとか、ゴミ袋とか、マスク、ウェットティッシュ、キッチンペーパー

それから赤ちゃんや子どもが食べられるお菓子とか、気持ちばかりのモノを。

 

 

 

今回は知人(正しくは、知人の知人)が物資を届けてくれるということで

僕はその行動力に感謝と尊敬を向けるばかりなんですが・・・

 

 

最近、行動している(行動が公になっている)芸能人の方々は、

ネットで猛烈に叩かれているとのことで・・・なんか不思議ですね。

 

 

 

 

たとえばある方は、500万円を寄付した写真を載せたら非難され

またある方は、応援のメッセージとともに自撮りを載せたら非難され

SNSで状況を伝えていた方も、「もう発信やめます」と追い込まれるまで非難され

 

 

 

まさしく

 

 

Why!?

 

ジャパニーズピーポー!?

 

 

ですよ。ほんと。

 

 

 

 

 

いや、笑えないんですけどね。

でも、行動する人を非難する習性って、もうどこに行ってもあるんでしょうね。

 

 

 

もうさ、それって性癖ですよね。

快感、感じてますからね。きっと。

 

 

 

 

と言いつつも、

 

非難する人を非難してると、

僕も「そっち側」になってしまうので

相手にしないのが精神衛生上とても良いと思いますが・・・

 

 

人を非難する方も、

本当は自分も行動したいって気持ちもあるんでしょうね。

 

けど、

 

ご自身のぶつけようのない無力感や無価値感や妬みを感じていたり、

自覚できないストレスを感じていて、それを発散したいのかもしれません。

(まあ、中には単なる「暇人」も混ざってるでしょうけど^^)

 

 

 

 

その方々の理由はあるにしても、

 

たまたま僕たちは、どうやら割と行動できる側の人間らしいので、

とにかく行動できる精神状態の方は、引き続きどんどん行動しましょう^^

 

 

被災していようがいまいが、元気なときは元気だし、

元気が無いときは元気出そうと思っても出ないんだから、行動できるときにしましょ!

 

 

 

ビジネスされている方は、過度に遠慮なんてせずに

どんどんビジネス頑張って、いつもよりたくさんお金もいただきましょうよ。

 

それで、決算の前に余力でふるさと納税するとか、そういう方法もありますから。

 

 

 

 

 

あなたは、非難してくる人たちのご機嫌取りのために

あなたのやりたいことや、お仕事をしているワケではないはずです。

 

あなたには、あなたの目的や理想があって、そこを目指しているはずです。

そして、あなたが満たされれば、そんなあなたの周りの方々も自然と満たされていきますよね。

 

 

 

だから、あなたが行動をやめてしまうのは「世界にとっての損」なんです。

 

 

 

そのためにも、遠慮なんかしてる場合じゃないですよ。

 

 

 

行動したって、しなくたって、どうせ叩く人は叩きますから。

 

そういう人は、そういう役割やってくれてるんですから。

映画でも必ず出てくるでしょ。意地悪な役が。だから盛り上がるんだし。

 

 

 

 

 

 

だから行動しよう。

 

 

 

 

僕も行動します^^

 

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. NLPコーチング

    その夢は、誰の夢?「うちの親が言ってたから」の法則

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  2. NLPコーチング

    行動し続けるためのたった1つの方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  3. NLPコーチング

    なぜ、コーチの器と現実感がクライアントに影響するのか?

    from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィスこんにちは、菊…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP