コーチング・アイディア

起業・副業の成功を止める「妬みと批判」のメンタルブロックとは?


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

 

「ねえねえ、話ながら一緒に走ろーよー」

 

マラソン大会や授業の時に、こんなことを言う人(特に女子に多い)を、僕は「一緒に走ろうね星人」と心の中で呼んでいました。

 

 

一緒に走ろうね星人は、基本、ものすっごい自分勝手です。

 

 

一緒に走ろうね人の主な行動10パターン

1.しょうもない話を本当に延々と話し続ける(主に恋愛話)

2.ちょっとペースを上げると「はや〜い、むり〜」と弱音を吐く

3.ちょっとペースを下げると「てか、まじだるい」と弱音を吐く

4.先生から怒られると「まじうざいんですけど」と逆切れする

5.ペースを上げておいていくと、あとで文句を言って来る

6.ペースを上げておいていくと、他の仲間探しに必死になる

7.仲間が見つからないと、「足痛い」と言って走るのをやめる

8.早い人を見ると「はや〜い」って言うけど自分は頑張らない

9.なぜか努力したこともないのに「走れな〜い」と諦めている

10.「てか、そもそもこれって〜」と元も子もない発言をする

 

 

どうでしょうか?

あなたは被害にあった覚えはありませんか?

 

 

 

「周りと一緒にいて安心したい」

 

たぶん、心ではそんな風に思っている人たちのことを、僕は決して憎んでいるわけでもなければ、批判したいと思っているわけでもないのですが・・・

この「一緒に走ろうね星人」は、起業家の中にもいます。

 

 

たとえば、同じくらいのレベル(だと勝手に思われている)の仲間よりもちょっとだけ早く活躍し始めると・・・

 

「あいつは一緒に進んでいく仲間だと思ってたのに」

「どうせ(活躍は一瞬だけで)長くもたないだろう」

「お金のことばっかり言う様になって人が変わったな」

 

「へっ!?」と思うような妬みや批判をされることがあります。

 

 

ほんと笑えるんですが、実はこれって結構、大きなメンタルブロックになったりします。

 

「活躍しちゃったら、人からどう思われるかな・・・」

「私、もしかしたら傲慢になっちゃうかもしれない・・・」

「べつに今でもそこまで不自由しているわけじゃないし・・・」

 

全部、勘違いなんですが、結構思っちゃうんですよね。

 

 

もしあなたが「今ある付き合いを壊したくない。でも成功したい・・・!」

そう思った時に、周りの人があなたの活躍を妬む様なら、それは「一緒に走ろうね星人」かもしれません。

 

なので、遠慮なく置いてっちゃってください(笑)

 

 

なぜなら、あなたは「一緒に走ろうね星人」を喜ばせたくて起業したわけではないからです。

あなたが喜ばせたいのは、あなたが走った先に待っている人のはずです。

 

この道の先には、あなたにもっと相応しい人たちが待っています。

その人たちも「一緒に走ろうね星人」を置いて来た人たちです(笑)

 

 

さあ、あなたの心地の良い場所から出て、今、何から始めますか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊池の著書が好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】友だち申請の際は一言ください。
┗ https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Eメールでのお問い合わせ 】
┗ k.tatsuo@be-coaching.co.jp

【 菊池式NLPコーチング入門セミナー 】

 


関連記事

  1. コーチング・アイディア

    上がらないモチベーションを上げる?仕事をコントロールする方法

    from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィスこんにちは、菊池です。&n…

  2. コーチング・アイディア

    その「新年の目標」が叶わないワケ。

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  3. コーチング・アイディア

    変わろうと思っても変われない理由

    from 鹿児島空港のラウンジこんにちは、菊池です。&nbsp…

▼菊池式メタ・コミュニケーション

▼菊池の著書

PAGE TOP