マーケティング

難しい商品・サービス開発を簡単にする方法。答えはナンパにあった?


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは!

 

コピーライティングコーチの

菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

「ごっめーん!お待たせ!待った?」

 

先日、久しぶりにナンパをしました。

(注:菊池は既婚者です。)

 

こないだの記事で、

「コミュニケーションが上手くなりたければ

 セミナーなんて行かずナンパの1つや2つくらいやれ」

と偉そうに書いたものですから、やっぱり実演が大事でしょ?

(注:菊池は既婚者です。)

 

 

雨のJR恵比寿駅(西口)にて、

全く知らない女性に声をかけたわけです。

 

全く待たせてないけど「ごめーん、待った?」って。

(注:菊池は既婚者です。)

 

 

で、結果どうなったか?

 

 

あっさり、一発で成功しましたよ。

 

 

そこから一緒に、トコトコ駅の外まで歩いて行きました。

 

これはやっぱり、我ながら、

心の中で「おおおおおお」と思………いませんでした。

 

 

だってこれ「成功して当たり前」だから。

 

 

その理由は、こうです。

 

僕が恵比寿駅にいると、近くに可愛い女性がいるのに気づきました。

(その方が、声をかけた女性です。)

 

でも待ち合わせか何かで一人ぼっちだったので、

「あ〜、きっとナンパされるな。」なんて思って見てたわけです。

 

そしたら案の定、女性に近寄っていく一人の男性の姿。

 

しかしその男性、大変失礼を承知で申し上げますが

fjだそfふあrfjdがおだsdfぬんごあd(自主規制)

 

 

「あ〜、かわいそうに、、、ドンマイ」と心の中でつぶやき

ZARD並みの揺れる想いでナンパの様子を見守ってたわけです。

 

 

サクッとあしらう、彼女。

それに負けず、ナンパを続ける身の程s男性。

 

最初は苦笑いだった彼女の顔色も、どんどん曇っていきます。

それでも、潔く諦めずに食らいつく男性。

 

男性のヤバい動きも乗じて、だんだん女性が半泣き状態に ̄▽ ̄;

(表現しにくいが、例えるなら箸からスルスル落ちるモズクのような…)

 

それを見て、関係ないのにイラつく部外者K ← 僕です、はい。

↑ていうかお前はなぜずっとそこにいるんだ。

 

 

見かねた部外者Kは、余計な御世話という風潮も気にせず

かつ自分の顔面偏差値のことなど忘却の彼方かのような態度で

彼女の元にサクサクと歩いていき、開口一番こう言ったわけです。

 

「ごっめーん!お待たせ!待った?」

 

 

女性も察してくれたようで、カップルのフリで無事に駅から脱出成功。

「じゃ、お疲れした〜」とチャラい言葉を交わし、解散したのでした。

 

 

***

 

 

えっと、これ、ナンパじゃないですね(笑)

でも、なんかこういうの久しぶりだったな〜、なんて体験でした。

 

と同時に「仕事もこうあれたら良いな〜」って感じたんです。

 

 

目の前に困ってる(ように見える)方がいたら、

べつに何か特別なことや大げさなことをするでもなく、

淡々と、サラリと解決のお手伝いをして、チャラく去る(笑)

 

 

と、まあチャラいのは半分冗談ですが……

 

よく、

 

新しい商品・サービスや企画の開発をしたり、

強みや独自性、USPを見つけようとしていたり、

そういう「クリエイティブっぽいこと」をしているときに

多くの人がハマってしまっている落とし穴をお見受けします。

 

 

それは、難しく考えすぎってこと。

 

 

その道のプロとして、お客様の悩みの「本当の原因」を

解決してあげようと思うことは素晴らしく価値あることです。

 

ただ、自分がお客様の立場になってみると、まずは

「今この瞬間、すでに困ってること」を解決したいと思いますよね?

 

そう、お客様は「そんなに難しいこと、考えてない」ってことなんです。

 

 

「喉が渇いたから水を飲みたい」と言っているお客様に

「水はあげません。でも、たった3日間で喉が乾かなくなる方法を教えます」

とか言ったら、完全に頭ぶっ飛んでるおかしい人だと思われます(笑)

 

まずは美味しいお水を提供したら良いじゃないですか。

喉が乾かなくなる方法は、その後(バックエンド)だって良いんです。

 

 

商品・サービスをつくることなどに悩んだら、まずは

お客様が、今、目の前で悩んでいることに目を向けましょう。

 

きっとそこに、あなたがサラリと出来るヒントや答えがありますよ^^

 

 

PS.公式LINEアカウントを作りました^^(遅)

今後はEメールではなくLINEでご相談を受けていきたいので、

下記から友だち追加していただき、何かメッセージください(笑)

 

サイン(貼付用)

 

発行責任者:Be Coaching 株式会社
代表取締役社長  菊池 達郎

【 facebook 】
メッセージを添えて申請してください
 ┗ https://goo.gl/LgwVWC

【 メールでのお問い合わせ 】
菊池が拝見して返信させていただきます
 ┗ info@be-coaching.co.jp

【 LINEで簡単に質問・相談できます 】
 ┗ QRコードを読むか、友だち追加

  友だち追加

 
 

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP