コピーライティング・アイディア

豊かさと慈悲の手法!NLPコピーライティング®️初公開しました


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

こんにちは、菊池です。

 

 

ビジネスにおいて、、、

というか、何でもそうだと思いますが

「選択と集中」が重要だとよく言われています。

 

(ジャック・ウェルチが実践した方法ということで有名ですね)

 

僕は「絞り込みと圧倒的な行動量」と意訳して使ってますが、

ものすごく平たく言ってしまえば

 

「利益につながらないことは全部やめろ」です。

 

 

とてもシンプルで明快ですね。

でも、僕たちはつい、”浮気性”を発揮してしまうんです。

 

アレもしたい、コレもしたい、ソレもいいんじゃないか、、、

 

特に起業家や経営者になるような方は、

アイディア(ウー)マンだったり、器用貧乏多才な方が多いです。

 

だから、つい、求められるとやってしまうわけです。

 

まあでも、決してそれが悪いわけでもなければ、

色々やってみてから絞り込むのが好きな方もいますし

人それぞれに適した「選択と集中」のやり方ってのもあるとは思います。

 

 

実は僕も、今年に入ってから

「選択と集中」について考えることが多くありました。

 

おかげさまで事業が順調に進むにつれて、

知識も経験も、スキルもノウハウも蓄積されることで

できることがどんどん増えていっ(てしまっ)たのです。

 

 

アレもできる、コレもできる、ソレもできる……

こういう状態になってくると、少しずつ自分を「勘違い」して来ます。

 

「もしかして、何でもできるんじゃないか?」という

とんでもない誤解を自分に抱くようになるのです。(特に僕は。)

 

まあ、前向きな思い込みを持つことは、悪いことではないと思います。

 

でも、ふと冷静に、客観的に自分を見つめていくと

アレもコレもソレも「人並みに」できるということに気がつきます。

 

 

そう。「人並み」に。

つまり「プロフェッショナルではない」ということです。

 

 

では「何をもってプロフェッショナルだと判断するか?」ですが、

それは周囲の環境だったり、人脈、自己基準、業界基準…色々ありますが

 

もし主観的に見るとすれば

「その分野で、自分の満足いくフィーをチャージできるか?」です。

 

 

「本当は100万円チャージしたい。でも今はXXだから、30万円。」

 

この時点で、自分のプロフェッショナルに磨きがかけられていない、

つまり「選択と集中」ができていない、ということにもつながります。

 

 

話を戻しますが、様々な視点で、自分にとっての

「選択と集中」=「絞り込みと圧倒的な行動量」を見直しました。

 

そして、1つの結論を出しました。

 

 

まず、これまで行って来た、

パーソナルコーチング(コンサルティング)の新規募集を辞めます。

 

現行のクライアント様、継続されるクライアント様には

これまで通り責任を持って、引き続きお仕事をさせていただきますが

法人様に顧問として入らせていただく以外のご新規は請けないことにしました。

 

 

……んんん、まあ、それがどうした的な感じかもしれませんが(笑)

僕はもともと「コーチングで起業した」んです。

 

つまり、僕の「メインコンテンツ」を辞める、という話で

僕にとってはある意味「廃業」させるくらいの感覚なわけです。

 

徹底的に絞り込むには、これくらいの暴挙も時には必要。

 

 

 

その代わり、これまで多くの方に求められ、成果を積み上げて来た

僕にとっても最も思い入れがあり、得意としている2つの分野

「NLP」と「コピーライティング」にすべてのエネルギーを注ぎます。

 

そして、その結晶として、

『NLPコピーライティング™️』という独自の手法を開発しました。

 

 

この手法は、名前からして

「単純に、NLPとコピーライティングをくっ付けただけだろう」

というふうに思われるかもしれませんし、それも間違いではないんですが

 

「NLPでもあるし、コピーライティングでもあるんだけど、

 でも実は、NLPでもコピーライティングでもない。」

 

そういう手法になってます(笑)

 

 

だって、コピーライティングにNLPを足すことで

より効果性を高めている手法なんて、すでにあるでしょ。

 

そんなこと、今さら僕が作る必要なんて、何もないですもん。

 

 

 

じゃあ、具体的にどういう手法なのか?

 

分かりません(笑)

 

 

 

正確に言えば、

 

もちろん主軸はあるという前提ですが、

僕自身が着手するたびに、ものすごい速さで進化し続けているので

「こういうものです」という定義づけが、今の時点では不可能なのです。

 

 

でも、一つ言えることがあります。

 

 

NLPコピーライティング™️において

特に大切にしているメッセージは「豊かさと慈悲」です。

 

 

僕にとって「豊かさ」とは、

植物が根を張り、幹と枝を伸ばし、実をつけ、花を咲かせ、

それが花束となって人から人に渡っていくようなイメージ。

 

それから、これ以上進めないと感じるような

真っさら壁に、窓やドアをつくりだし、先に進めるようにすること。

 

僕は、こういう、可能性や選択肢の広がりを「豊かさ」と思っています。

 

 

それから「慈悲」については、

「人の痛みや喜びを、自分のこととして感じる心」

というふうに教えてもらったことがあります。

 

NLPコピーライティング™️にも、

そのメンタリティを反映させました。

 

 

このように、NLPコピーライティング™️は

「スキル・ノウハウ・知識・情報」などではなく、

どちらかというと「実践力とメンタリティ」が身につく手法です。

 

 

だって、実践されない学びなんて、

存在価値がない(と僕は考えている)ですもん。

 

 

あ、でも

豊かさと慈悲なんてキレイゴトっぽいイメージを持って

NLPコピーライティング™️を試すと、あれ?と思うかもしれません。

 

実際の内容は、めちゃめちゃ実践的になってるからです。

 

平たく言えば「もっと稼ごうぜ!」って感じ(笑)

 

 

だって、

良い商品・サービスは、もっと沢山の人の手に渡るべきだし

価値を提供した人は、継続と発展のためにもっと対価を受け取るべきだから。

 

 

稼ぐってことに罪悪感を感じてるような方こそ、

一度目を通してもらいたいですね。

 

稼ぐってことに「選択と集中」する勇気を持ってもらいたいです。

 

 

 

ざっくりとした説明が続きましたが、

そういうちょっと風変わりな、でもすぐに実践できて役立つ手法を

作りましたので、もしよかったら、一度試してみてやってください。

 

終了しました

 

 

 

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著書がご好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】
https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Twitter 】
https://twitter.com/coach_bck

【 Instagram 】
https://www.instagram.com/coach.kikuchi

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

 


関連記事

  1. 本と時計
  2. コピーライティング・アイディア

    ルクルーゼに学ぶ、独自性・USPのつくり方

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池式メタ・コミュニケーション

▼菊池の著書

PAGE TOP