コミュニケーションとコーチング

【”タイプ分け”に注意!】「私、直感タイプだから〜」の法則


from 表参道のタリーズ

こんにちは、菊池です。

 

 

 

「え〜、私、直感タイプだから〜、

 なんとか理論とか、そういうの全然ムリ〜」

 

こう言いながらも、

なぜかちょっとドヤ顔の人を見たことはありませんか?

 

 

なにかと「直感タイプだから〜」と言い放ち、

考えることを放棄し「ピンと来たら全部正解」みたいな

そういうスタンスを貫く方がいらっしゃいます。

 

もちろん、ピンと来たら全部正解なのかもしれませんし、

あるいはその逆もあります。

 

 

「論理的じゃないと受け入れない」というタイプ。

 

「直感は、何をもって直感なのか?

 直感は直感と思ったところで直感ではないのではないか?」

・・・みたいな(笑)

 

 

僕はそのどちらも尊敬している(本当に)のですが、

ごめんなさい、今日はネタにさせてください(笑)

 

 

「◯◯タイプだから人」の7つのクセ

1.自分のタイプに誇りを持っている

2.違うタイプの人の感性を「私わからな〜い」と楽しむ

3.同じタイプの人と出会った時の仲間意識がハンパじゃない

4.そのタイプに留まることにこだわっている

5.違うタイプからも学べることを分かっている

6.人にも「あなたこういうタイプだからね」と教える

7.たまに違うタイプの自分が出てくると、抑えようとする

 

 

どなたか、ピンと来る方はいますか?(笑)

これはどれも、「正しい/間違ってる」論ではありません。

ただの「クセ」です。

 

 

 

これでも僕は結構「タイプ診断ツール」とか、好きです。

「あー、タイプ◯◯なんだ〜」みたいに、結構楽しみます。

 

だけど、それに囚われはしません。

 

 

「菊池さんは、どんなタイプの人ですか?」

 

 

先日とあるセミナーに参加して、

グループワークでお一人が、こう質問してくださったんです。

 

グループ全員が初対面でしたので、気を利かせて下さったんでしょうね。

 

とっても人懐っこい印象の良い方で、

メモまでとりながら、みんなの話を熱心に聴いていました。

 

なのでその方のことは大好きなんですが・・・

僕、ご存知の通り、天の邪鬼な性格なもので・・・

 

 

この質問、苦手なんです(泣)

 

 

「ハイボールうぇーい!」みたいな時もあるし

「今日は誰にも会いたくありません」という時もある

 

「人には親切に対応します」という時もあれば

「知らねーよ勝手にやれよ」みたいな時もある

 

「これ!」って決めつけられないんです。

 

 

だから、気付いたときには

『時と場合によって違います。そんなタイプです。』

みたいな、場を凍りつかせる回答をしていました(滝汗)

※ニコニコしながら言いましたけどね

 

 

 

そもそも何のためにタイプ分けがあるのか?

という視点が必要だと、僕は思っています。

 

「あなたはこういうタイプなので、ずっとこれで生きて下さい」

というふうに、人を縛るため?・・・なワケありませんよね。

(そんなノウハウ創始者やだ。笑)

 

 

1.「自分と人は違う」という視点

2.「パターン(枠)を越えて、可能性を最大化する」という視点

3.「適材適所(強みを生かす)」という視点

 

この3つの視点を持つことで、

タイプ分けを単なる「占い」で終わらせない事が出来るはずです。

 

 

 

「私、○○タイプだから〜」と、決めつけているのに気付いたら

それは決して”悪いこと”ではありませんが、それと同時に

『私はタイプに囚われる小さい人間じゃない』ということにも気付いて下さい。

 

 

あなたの可能性は、どこに広がっていますか?

good

PS.

回答マジメかっ!って感じですね。

そこまで真剣な回答求めてないっつーの!

動物占いではライオンです〜みたいな感じだっつーの!

・・・と、後で一人反省会をしていたのは内緒です(泣)

 

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたはもう診断しましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊池の著書が好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】友だち申請の際は一言ください。
https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

【 菊池式NLPコーチング入門セミナー 】

 


関連記事

▼2つの無料プレゼント付

▼あなたはもう診断しましたか?

▼菊池式NLPコーチング

▼菊池式NLPコーチングオンラインコース

▼菊池の著書

PAGE TOP