セールスコピーライティング

文章から○○を減らせば反応率は上がるから今すぐ確認しませんか?


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは!

 

コピーライティングコーチの
菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

「意識高い系」という言葉が流行りましたね。

 

僕の中では「中二病」と同じくらい
「あの、ほら、ちょっと形容しがたい、イラっとする奴……」
みたいな感覚を表してくれた革命的な言葉でした。

 

 

ホテルのラウンジでクライアントとミーティングしながら
ドリンクはデカフェのミルクティーをチョイス。

ビジョンをメイクしながらオポチュニティをクリアにして
ファーストプライオリティーをチェックしながら
サスティナブルにドライブできるアクションをクリエイトする。

……みたいなやつね。

※全力でカタカナを使いましたが意味が正しいかは分かりません(笑)

 

 

 

思い出す18歳のころ。

 

G◯Pという某外資系アパレル企業に入社した僕は
まず何に一番困惑したかというと「言葉」でした。

 

シップメント、リプレニッシュメント、オポチュニティー、プライオリティー、ユニットパーアワー、トランザクション、アマウントパートランザクション、キーパフォーマンスインディケーター……etc

 

「どんだけカタカナ使うねん!」って感じでイラっとしながら
上司に「日本語で喋ってもらえます?」と当たったこともありました。

※当時はまだ外資系の意味がよく分かってなかったので^^;

 

 

今となっては、僕も少しくらい大人になったので
カタカナの方が日本語よりも「ニュアンス」が伝わりやすかったり
あえてカタカナを使うことの方が多くなりつつあるのですが……

 

それくらい「言葉」って、壁になります。

 

 

 

思えば、サーフィンを始めた時もそうでした。

 

「今日はオンショアでブレイクしてるからゲッティングアウトもきついよ。」

みたいなことを言われても「はあ?」じゃないですか(笑)

 

「波が荒れてて沖に出るの大変だよ」で良いじゃねーか!(イラっ)
と思いつつ、健気にサーフィン用語をgoogleで見て暗記しましたよ(笑)

 

 

それくらい「言葉」って、壁になります。(2回目)

 

 

それは、文章だって共通です。

 

ブログ、メルマガ、SNSの投稿、セールスレター、、、etc

読んでもらいたいと思って書いた文章、専門用語だらけになっていませんか?

 

 

 

文章には必ず「前提」があります。

 

「〜〜を知ってる前提、知らない前提」

「〜〜な人が読む前提、読まない前提」

「〜〜の情報に関心がある前提、ない前提」

 

など、どういう前提を持った読み手がその文章を読むかによって
書き方を全く変える必要がある、、、ということは分かりますよね。

 

 

同業者や専門家に読んでもらう文章なら、
専門用語を多用した方が、むしろ良いかもしれません。

 

でもそうじゃなく、
専門的なサービスや商品を紹介したり、販売する場合、
読み手は一体どこまでの情報を理解しているのでしょうか?

 

 

もう一度、あなたの文章をしっかりと読み直して。

あなたの届けたい人に、届けられる表現・言葉になっていますか?

 

サイン(貼付用)

 

『NLPコピーライティング』を無料で学べる
メールセミナーはこちらからご登録いただけます。

 

発行責任者:Be Coaching 株式会社
代表取締役社長  菊池 達郎

【 facebook 】
メッセージを添えて申請してください
 ┗ https://goo.gl/LgwVWC

【 メールでのお問い合わせ 】
菊池が拝見して返信させていただきます
 ┗ info@be-coaching.co.jp

【 LINEで簡単に質問・相談できます 】
 ┗ QRコードを読むか、友だち追加

  友だち追加

 
 


The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. セールスコピーライティング

    【動画付】共感と同情の違いとは?

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池達郎で…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP