コピーライティング・アイディア

あなたの商品の魅力が、お客様に伝わる方法


from 湘南の自宅オフィス

 

 

 

 

先日、都内の靴屋さんに革靴を買いに行きました。

 

仕事用のを探していたので、

まあそれなりに品質の良いものを探してたわけです。

 

 

で、「お、コレいいなー」というものを発見。

有名なメーカーのアメリカ製で、お値段は約10万円。

 

・・・まあ安くはないけど、

2,3万の靴を買ってすぐ履き潰すよりも

結果的にはこっちの方がいい買い物かな〜

 

なんて自分を正当化していたら、

その靴のすぐそばに、メーカーも見た目も、全く同じ靴が。

 

 

お値段は、、、、約3万円、、、!?

 

ん??????

 

メーカーも、見た目も、形も、全く同じやんけ。

なんでや!?

 

 

 

あやしく感じて、よーーーく見てみると、

どうやらこっちの靴は日本製で、革の素材も違うらしい。

(10万円のと比べると、まあ、それなり)

 

 

うーーん、これはアレか!?

 

「安いけど品質はイマイチ、なら奮発して良いものを買え」

みたいな誘導のための戦略か!?

 

それとも

「高いものを見せておいて、3万円を格安に見せかけて売る」

みたいな戦略なのか!?

 

 

 

僕がそんな事を考えながらニヤニヤと靴を眺めていると

サーーッと店員さん(推定25歳、身長156cm、彼氏無し)が登場。

 

 

 

店員さん:

「革靴をお探しなんですかー^^?」

僕:

「はい〜、そうなんです。(さて、どう売るつもりや!?)」

 

 

店員さん:

「こちら(10万円)は、少し高いですが、アメリカ製なんです。」

僕:

「そうなんですね〜(出た!見りゃ分かるっつうの!!)」

 

 

店員さん:

「こちら(3万円)は、お求めやすいですが、日本製なんですよ。」

僕:

「なるほど〜(それも見りゃ分かるっつうの!!!!)」

 

 

僕:

「けどやっぱり、こっち(10万円)のが品質は良いですよね?」

店員さん:

「そうですね〜、でも、こちら(3万円)は日本製ですからね〜」

 

 

僕:

「(日本製だから何やねん。ていうか普通高い方を勧めるやろ)

 でも僕、アメリカ製好きですよ。仕事用なので、高くても良いです。」

店員さん:

「そうですか〜^^でも、こちら(3万円)は日本製ですからね〜」

 

 

僕:

「(だから日本製だから何やねんって。)日本製がオススメですか?」

店員さん:

「そうですね〜、日本製ですからね〜」

 

 

僕:

「お姉さんなら、彼氏にこっち(3万円)を買ってあげますか?」

店員さん:

「そうですね〜、日本製ですからね〜」

 

 

日本製ですからね〜

 

日本製ですからね〜

 

日本製ですからね〜

 

 

 

(心の叫び):

日本製だから、何や〜〜〜〜!

 

 

 

***

 

 

 

結局、僕は意味不明な「日本製しばり」

を受けたそのお店を、何も買わずに帰りました。

 

彼女が日本への愛国心の塊だったのかもしれません。

アメリカに絶大な敵対心を持っていたのかも知れません。

 

 

でも多分、彼女は販売員として

「日本製=良いモノ」くらいの認識しか持っていませんでした。

 

たしかに「日本製=良いモノ」という感じはしますし、

そういうイメージを使って商品を売るのは一つの手段でしょう。

 

 

ただ、、、

「だから、なに?」

という相手には、そのメリットを説明する必要があります^^;

 

 

「日本製だから、縫製が丁寧」

「日本製だから、国の産業に貢献できる」

「日本製だから、もし壊れても国内ですぐに修理できる」

 

こういう価値が伝わらないと、モノは売れません。

 

 

 

どうすれば、

あなたは商品の「だから、なに?」を

お客様に伝わるように説明できると思いますか?

ミシン

PS.販売って難しいですよねー^^;

 

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたはもう診断しましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊池の著書が好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】友だち申請の際は一言ください。
https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

【 菊池式NLPコーチング入門セミナー 】

 


関連記事

▼価値共感ライティングオンライン講座

▼菊池式メタ・コミュニケーション

▼菊池の著書

PAGE TOP