マーケティング

「自分が何の専門家か分からない」その時にまず初めに考えるべきこと


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

 

 

 

「あがり、ください!」

 

 

学生時代、実家(寿司屋)の手伝いをしていた頃に

お客さんからよく言われた言葉です。

 

 

 

 

その日は、若いカップルが、たぶん記念日か何かなのかな?

お出かけの帰りみたいな感じで、いらしてくれたんです。

 

 

 

寿司屋のカウンターって、たぶん、一般的には緊張するじゃないですか?

 

 

初見の方だったんで、やっぱりちょっと固いわけですよ。

若いし(30代前半くらい。二人ともお勤めっぽい感じ)。

 

しかも親方が、コワモテ。

 

↑その昔、銭湯にいくとアッチ系の若い衆(笑)が、

 よく背中を流してくれたそうです(笑)

 

 

 

そりゃ〜仕方ないっす。

 

 

 

でも彼氏、きっと頑張って、

彼女を喜ばせようとして来てくださったんですよね。

 

 

やさしいな〜

 

そんな時にこんな無愛想な寿司屋ですみまs

 

 

 

 

で、

 

とりあえずお茶を頼もうとしたんでしょうね。

 

 

 

 

 

「あがり、ください!」

 

 

そこで彼が、こう発したわけなんですが・・・

 

 

 

 

 

「あがり」って、何のことだかご存じですよね?

 

 

 

そう、お茶のことです。

でも、ただのお茶のことを指すわけではありません。

 

 

 

最後に頼むお茶のことです。

 

 

 

しかも

 

 

 

店側が使う言葉であって、

お客さんが使う言葉じゃありません。

 

 

 

 

 

お客さんは「お茶」でいいんです。

ただ「お茶ください」で。

 

 

 

 

そ・れ・を

 

お店に来て、開口一番

 

 

「あがり、ください!」

 

 

は、やっぱりおかしいわけです。

 

 

 

 

「もう帰るんかい!」っつって。←一人ツッコミ

 

 

 

 

 

でも、お店側としては、間違う方なんて日常茶飯事だし

そんなこと別に、僕もどうだって良いので指摘なんてしません。

 

 

 

でもやっぱり修行不足の僕は、心の中で

 

「あ〜間違ってるな〜。きっとお寿司屋さんでは、

 お茶のことを、あがりって言うんだって、覚えてきたんだろうな〜」

 

と思いながらお茶を出しちゃうわけです。

 

 

 

 

 

「お待たせしました。お茶です。」って言って。

↑思い返してみると、ものすごい性格悪いですね(笑)

 

 

 

 

 

でも、

 

でもですよ!

 

 

 

そんなこと言っても、僕だって

 

 

フレンチの作法とか、イタリアンの作法とか、知らんわけですよ。

 

 

 

 

イタリアンに行ったら、僕はひたすらパンを食べるんですが

店員さんからは絶対「あいつパン食い過ぎだろ」って思われてるはずなんです(笑)

↑これはべつにいいか(笑)

 

 

 

 

 

専門的なことは、専門家が一番よく知ってるんですよね。

 

 

 

 

もちろん、今ではGoogle先生とか、本屋さんが

ある程度、何でも教えてくれるようになっていますが

 

やっぱり、

 

専門的なことだったりとか、

自分が知りたいピンポイントのことなんてのは

お金を支払って専門家に教えてもらうのが早いし、間違いないわけです。

 

 

 

 

だから「専門家」が必要なんですけど

 

 

 

 

じゃあ、

 

「自分が一体、何の専門家なのか分からない」

と思った時には、まず

 

 

 

人が、自分にお金を支払ってまで

「教えて欲しい」と言ってくれることは何だろう?

 

 

 

・・・と考えてみることです。

 

 

 

 

博学な方は、もちろん色々と知ってるかと思いますが

お金が発生しそうなものと、そうでないものと、当然あるわけですよね。

 

 

かつ、

 

「その専門に、お金を出してくれる人と、そうでない人」もいるわけです。

 

 

 

そうやって一つ一つを細かく考えていくと、

 

あなたが「誰のために、何をしてあげる人なのか」が、少しずつ分かってきます^^

 

 

 

 

 

自分で自分を見てみるだけだと、当たり前すぎて、よくわかりません。

人に教えてもらうことが、助けになるはずです^^

 

 

 

「ねえ、焼肉おごって欲しいんだけど、

 その代わりに僕からしてもらいたいことない?」

 

 

・・・って感じで(笑)

 

 

 

あなたの専門は何でしょう?

 

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. マーケティング

    分かった気になってない?お客様の本音はコレです

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  2. マーケティング

    【最強のマーケティング!】良い口コミを生み出す方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP