起業・経営のマインドセット

(続)他人に頼っても良いけど、これだけ気をつけよう。


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

前回の記事「他力本願の罠」の続きです。

 

 

まず、人に頼るのは素晴らしいことだというのが一つ。

ただ、それには2つの罠があるよ、という話でしたね。

 

 

で、一つ目の罠が『頼る”前”の罠』

 

これは、

人に頼れないのなら、

もしかしたらそれは自分に制限をかけてるかもよ

って話でした。(詳しくは前回の記事へ)

 

 

 

 

そして今日は・・・

 

罠【2】:頼る”時”の罠

 

「人に頼ると(頼られると)、依存が発生してしまうのでは?」

という罠が待ち構えています。

 

単にビジネスで言えば、依存はウェルカムなんです。

だって儲かるから(笑)

 

 

例えば僕は、PC環境をApple製品に統一しています。

それどころか、Windows製品は、タダでも欲しくありません。

 

「100万円あげるからWindowsを使え」と言われても、嫌です。

(結果的に100万円以上の損失が出ると思うし。笑)

 

 

これ完全に、依存です(笑)

 

客観的に見れば、べつにWindows製品が劣っているわけではないと思います。

Mac製品にだって、不満が全くないわけではないですし。けど・・・

 

「別れるなんて言わないで!あなたじゃないとダメなの(泣)」

という完全なるApple依存状態なんです、僕は(笑)

 

こうなると会社は儲かります。

 

(ただこの場合、依存というのはちょっと意味合いが違くて、

 ようは魅了されているんですよね。その会社や製品に。)

 

 

 

で、この依存の罠を抜け出すためには

「何のために頼るのか?」の意図を明確にすることと

「そこに主体性はあるか?」が大事です。

 

 

あえて抽象的にお話していきますが・・・

 

「何のために頼るのか?」という意図は、ビジネスに限っていえば

多くの場合『自己実現』『お客様にもっと喜んで頂くため』に繋がると思います。

 

例えば今読んでくださっているこのブログも、知人に作って頂いたものです。

 

 

その時の意図は、まずは自分メディアを持つという一つの自己実現。

そして、読み手の方に少しでも気持ち良く読んで頂ける環境整備です。

(おかげさまで毎回工夫を重ねながら、着々と良くなっています。)

 

それで、もちろん感謝をしながら頼らせて頂くんですが、

ここで「主体性(能動性)」が必須になります。

 

 

例えば仕事を依頼しているのであれば、

求めているクオリティーや納期を守ってもらうのも、一つの主体性です。

細やかなこちらからの要望を積極的に伝えていくのも、一つの主体性です。

 

 

主体性がないと、たまたま相手の方が才能に溢れた人でなければ、

・自分の意図と違った、ボヤ〜っとしたものが返ってきたり

・納期やクオリティーなどが、相手の都合に振り回されたり

・結果的に自分に不満がつのって、相手への理不尽な怒りが湧いてきます

 

 

 

ようは、何となく頼るなってことですし

作業は頼っても責任は自分にあるってことです(笑)

 

 

ぜひ、自分や人の可能性を広げるためにも

意図を持って、主体的にお願いしてみてください。

 

そうすると、その意図や主体性に共感してくれる人が集まってくれて

あなただけの最強のアベンジャーズが出来るかもしれませんよ^^

 

 

PS.ちなみに、モテる女性の特徴の一つは「人に頼れる」ということらしいですよ。うふ。

(でも「可愛い・キレイな人に限る」と書いてあったことは内緒にしておきます)

 

 

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

▼あなたはもう診断しましたか?

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

▼菊池式NLPコーチング

PAGE TOP