コピーライティング・アイディア

伝わる文章の書き方「基本のき」:文章のムダを見極めて省ける方法


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

こんにちは、菊池です。

 

 

 

 

「今年こそ、想いを言葉にしたい!」

「だけど、文章を書くのが苦手だから・・・」

「でも・・・やっぱり、書きたい!」

 

 

 

そんな方のために、

 

文章が苦手な方でも必ず上手くなれる

すぐ出来るちょっとした書き方のコツを連載しています^^

 

 

※国語の成績が上がるような意味合いの上手さではなく、

「伝わりやすくなる」とか「商品が売れる」というニュアンスの上手さです。

 

※「基本のき」ですので、小説などのしっかりとした読み物ではなく、

ブログやSNSなどライトな投稿にご活用いただけるように編集しています。

 

 

 

 

 

今日のお題は・・・

 

『文章のムダを見極める方法』です。

 

 

 

 

 

 

前回の記事(文章のムダを削る/一文を短くするコツ)で

「何を言うかよりも、何を言わないかが大切です!」とドヤ顔で言いましたが

 

 

 

 

「どれが削っていいところか、分かりません!」

 

 

 

・・・というご意見をいただきました。

 

 

 

 

 

 

んなこと自分でかんg いや、たしかに

「何を書いたら良くて、何を書く必要がないのか」って

自分で考えてみてもよく分からないですよね・・・。

 

 

 

 

そう。

 

「自分で考えてみても」よく分からないんです。

 

 

 

 

だからどうしたら良いか?

 

 

 

 

「別の人として」考えてみるのが良いのです^^

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかと言いますと・・・

 

 

 

 

 

 

昨年末に、ある方から喪中ハガキが届きました。

 

 

当然、「喪中見舞い」としてお返事を書くわけなんですが・・・

 

 

 

 

「 ” 喪中見舞い申し上げます ”

 ・・・って、書いた方が良いの?」

 

 

 

 

そんな疑問が湧いたのです。

(すみません一般常識がなくてもう)

 

 

 

 

 

まあたぶん、書くのが一般的なんだとは思います。

 

 

それに、きっと相手方からすれば、

僕は「手紙をたくさん送っているうちの一人」に過ぎないので

書かずにいきなり手紙を送ったらビックリするかもしれません。

 

 

 

でもなんか、余計な御世話な感じもする・・・

 

 

 

 

そんなこんなで決めきれず、

とりあえずいつものやつですよ、はい。

 

 

 

google先生を召喚しました。

 

 

 

 

 

「喪中はがき 返事」

 

キーワードを打ち込んで色々と見てみると、

 

「書いた方がいいよ」

「書かなくてもいいよ」

 

・・・まあ、それぞれの言い分がありますよね。

 

 

 

 

 

 

さあ、困った。

 

 

 

 

そんな時こそ、これです。

 

 

 

 

必殺!

 

 

 

 

「別の人=相手」の

気持ちになって考えてみる。(どやっ)

 

 

 

 

 

 

はい。

 

幼稚園で習う(僕は保育園でしたが)当たり前のやつですね。

 

 

 

 

 

 

相手の気持ちになって考えてみよう。

 

 

 

 

久しくお会いしていない。

たぶん僕の顔も覚えてないだろう。(薄い顔してr

でもそんな僕にも、律儀にわざわざ喪中見舞いをくださる。

 

 

・・・

 

 

 

ここはそんなに詳しく書かなくて良いと思うので(笑)

 

 

その人の立場になってアレコレと考えた結果、

「喪中見舞い申し上げます。」はムダではなく、必要なことと判断しました。

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

「文章のムダを削りたい!

 けど、どこを削れば良いか分からない!」

 

 

 

そんな時には、自分の中の常識や当たり前で判断せずに

 

 

「読み手の方にとってちょうど良いかどうか?」

・・・を意識してみると良いです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

 

すでに知っていることをアレコレと言われてもクドイし、

かと言って説明が足らな過ぎても困らせてしまいますよね。

 

 

 

「コーチング」なんて言葉はまだまだ一般的じゃないのに

それが当たり前かのように話してしまう・・・なんて事が僕にもありました。

 

 

 

 

 

 

大切なのは、

 

「文章を読んでくれる人の気持ちになること」です。

 

 

 

 

 

月並みなことを言って申し訳ないです。

 

 

 

そんなの当たり前だと。

わざわざ菊池に言われなくても分かってると。

このブログを読んだ時間返せと。

 

 

 

ええ、分かります。

 

 

 

 

ただ、

 

 

こんなに当たり前のことを

わざわざブログに書いているという意味合いを

受け取ってもらえたら嬉しいなあ・・・と思うわけです。

 

 

 

 

 

わざわざ時間を割いて読んでくださる読者さんがいるからには、

書き手の自己満足ではなく、その読者さんにとって「ちょうど良い」かどうか。

 

 

 

「読者さんは、この言葉分かるかなあ?」

「こんなに長く説明しても、こういう人が読んだらクドイよね」

「どうしたら簡潔に、しかも分かりやすく伝わるかな〜、、、」

 

 

 

いつもより少しだけ、そうやって読者さんに気を向けるだけ。

 

 

それだけで、あなたの文章はもっと洗礼されてムダなく「ちょうど良く」読者さんに届くようになりますよ^^

 

あなたの読者さんに撮って、もっと心地よい文章にするには、すぐにどんな工夫ができますか?

 

 

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたはもう診断しましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊池の著書が好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】友だち申請の際は一言ください。
https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

【 菊池式NLPコーチング入門セミナー 】

 


関連記事

▼菊池式メタ・コミュニケーション

▼菊池の著書

PAGE TOP