パートナーライター 林 孝治

知りたいことが聞き出せる。ワンランク上のアンケートの作り方


from 北海道旭川の自宅オフィス

 

こんにちは!

 

毎週月曜日のブログ担当をしています、

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

ここ最近、怪しげなメールが届きます。

差出人を見ると、見覚えのある名前ですが、

ネットニュースなどでよく聞く“なりすまし”の可能性もある。

 

「んー、迷わずゴミ箱に入れた方がいいかなー…」

って思いながら、仕事のメールだったらいけないと思って

恐るおそる開けてます。

 

え、件名ですか?

件名も怪しいんですよー。

 

「アンケートのご協力をお願いします」

 

ね、怪しいでしょう?(笑)

そんな小話は置いといて…

 

 

 

 

さまざまなところから

“アンケートの協力依頼”のメールが届きます。

 

仕事上、いろんなサイトやシステムを使っているので

仕方ないかもしれませんが、本当にたくさん届きます。

 

中には、どうしてもアンケートを集めたがってる所もあって、

件名に「(再送)アンケートのご協力をお願いします」とつけて

何回も送られてくることも。

 

それくらいみんな、アンケートで集まる

“お客様の声”がほしいものなんですよね。

 

 

が!

 

 

こういう仕事をしているからか、

送られてくる内容を見て、たまに

 

“何が知りたくて

 アンケートを作ったのかわからないもの”

 

があるんです。

 

その度、ツッコミを入れてしまうんですが^^;

 

わかりやすい例でいうと、数字を選ばせるようなアンケート。

 

 

***

 

・商品を使ってみて、どれくらい満足しましたか?

1  2  3  4  5

 

・また次も使いたいと思いますか?

1  2  3  4  5

 

***

 

 

決して悪いわけではないですが、

それを知ってどうするのかということ。

 

もしくは、この場合、

購入者の名前や住所などを集める目的でやっているかもしれません。

 

 

でもね、

アンケートをお願いしても返信率って低いんですよ。

 

購入した直後だったり、

きちんとした関係を作れていたり、

お客様が返信したくなる理由がない限り

わざわざ時間を割いてまで返信してくれません。

 

ちょっぴり雑な言い方ですが、“面倒臭い”ってことなんですよ。

 

 

そんな数少ないタイミングの中で、貴重な意見を集めるわけです。

 

 

もし、その数少ない貴重な一回で、

こちらの意図しているお話がきちんと聞き出せたら、

 

・商品を購入する後押しになって購入者が増える

・新しいターゲット(市場)が見つかって、見込み客が増える

 

なんてことが期待できます!

 

 

だったら、きちんとした

アンケートを取りたいって思いませんか?

 

 

「でも、どんなアンケートを作ったらいいかわからないし…」

と思うかもしれません。

 

大丈夫です!

これからお話する質問のまま作れば、誰でも簡単に作れます。

 

「お客様の声をちゃんと取りたい!!!」

と思った方は、ぜひ読み終わったらすぐに作ってみてください^^

 

 

 

今回は、アンケートを取る目的として

・商品を購入した人の理由を集める

・新しい市場を見つけるため

の2点で考えていきますね。

 

 

***

 

 

Q1.商品を購入する前は、どんなことに悩んでいましたか?

→あなたと購入者が考えている悩み(ニーズ)が一致しているかどうかを確認できます。

 また、他にどんなことに悩んでいたのかも聞けるかもしれません。

 

 

Q2.どこでこの商品を知りましたか?

→Facebook、ブログ、口コミや紹介など、

 あなたの商品を求めている人がどんなものを見ているか情報が得られます。

 

 

Q3.この商品を知ってから、すぐに申し込みされましたか?

   申し込まなかった方は、その理由をお聞かせください。

→迷った理由を教えてもらうことで、見込み客にどんなアプローチをしたらいいかわかります。

 

 

Q4.どんなことが決め手となって、商品を購入されましたか?

→商品のどこに魅力を感じたり、なぜほしいと思ったのかがわかります。

 もしかしたら、あなたが気づいていない意外なところに必要性を感じたのかもしれません。

 

 

Q5.実際に商品を使ってみて、特に良かった点をいくつか教えてください。

→実際に使った人だからこそ気づく、

 新しい悩みやその解決策(効果)を知ることができるかもしれません。

 また、体験談のような具体的な感想を聞けるので、

 リアリティのあるお話を集めることができます。

 

 

Q6.あなたなら、どんな人にオススメしたいですか?

   または、どんな人に紹介されますか?

→新しい市場が開拓できるかもしれません。

 また、より具体的なターゲットの絞り込みができます。

 

 

***

 

このように、すべて目的があった質問をすることによって

宣伝の仕方や文章を書くときの貴重な情報となります。

 

文章で言えば、読んだ人が「なるほど!」

って納得するための材料にもなります。

 

ぜひどんなことが知りたいか決めて

アンケートを取ってみてください。

 

意外な答えが返ってくるかもしれませんよ^^

 

 

 

 あなたと共に、想いをカタチにします。
 コピーライター/林 孝治

 発行依頼者:Be Coaching 株式会社
 発行責任者:林 孝治

【 公式HP 】
 ┗ https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
 ┗ https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
 ┗ info@story-like-oneself.com

 


The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP