コーチング・アイディア

大事なときこそ要チェック!「発熱する子どもの法則」とは?


from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

「ごめんなさい。うちの子が熱出して、今日行けません」

 

これまで幾度となく、この理由でセミナーや打ち合わせをドタキャンされたことがあります。

 

誤解されたくないので言っておきますが、これは仕方ないことです!

ただ、これはとても重要な「メタファー(比喩)」なのです。

 

 

子どもが熱出したさんの主な出来事7パターン

1.人生が変わるような大切な日に子どもが熱を出して休む

2.でも前日まではすごく子どもが元気だった

3.そして熱を出して休んだ午後には回復する子ども

4.「熱が出ちゃったら仕方ない」と、やたら潔い

5.「また次の機会に〜」と楽天的

6.でも次の機会は二度と来ない

7.次の日からいつもと同じ日常が始まる

 

 

全国の優しいお母さんに限らず、人生の重要な岐路の最中にいる方の中にも、同じようなことが起こります。

 

  • 仕事が上手くいき始めた途端、家族と関係がギクシャクする
  • 仕事が上手く行ってるのに周囲の人たちに急に揶揄される
  • 急に忙しくなって仕事にとりくむ時間がなくなる
  • 急に出費が増えて投資できるお金がなくなる
  • 急に異性にモテて、夜な夜な街に繰り出し始める
  • 本業と関係ない、ウソの様な甘い話が舞い込んでくる
  • なんか知らないけどモチベーションが上がらない

・・・などなど。

 

 

新しい環境やステージに行こうとしているタイミングで、進めなくなる「ごもっともっぽい理由」が、次々に舞い込んで来る。

それはもしかしたら、あなたが試されているときかも知れません。

 

なぜなら、全ての人には「現状維持をしようとする力」と「現状維持を正当化する出来事を起こす力」が備わっているからです。

 

 

ただ、現状維持は悪いことではありません。

そもそも、すでに起こってしまったことは仕方ないです。

 

その出来事にどう対処するために、まずはその出来事の本当の意味を考えましょう。 

そうすると、実は「あなたを守るため」だったりします。

 

 

あなたの周りの「発熱する子ども」現象は、何を意味していますか?

 

 

 

サイン(貼付用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著書がご好評いただいています
 

読者様からのお声:
「より良く生きるヒントがつまっている」
「今までの自分になかった視点と気づき」
「読み進めるうちに夢や目標を思い出す」
「マーカーだらけになった一冊」
「自分の見方が変わり、未来が楽しみに」
「ずっと孤独感があったが、
 自分は愛されていたのだと気付いた」
「深呼吸より自然に、メンターに出会えた」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ筆者:Be Coaching 株式会社
代表取締役 菊池 達郎(きくち たつお)

【 facebook 】
https://www.facebook.com/tatsuo.k93

【 Twitter 】
https://twitter.com/coach_bck

【 Instagram 】
https://www.instagram.com/coach.kikuchi

【 Eメールでのお問い合わせ 】
k.tatsuo@be-coaching.co.jp

 


関連記事

  1. コーチング・アイディア

    自然に行動を変えて、目標達成する方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  2. コーチング・アイディア

    「人の気持ちが分からないんです」というあなたへ

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池式メタ・コミュニケーション

▼菊池の著書

PAGE TOP