NLPコーチング

その「新年の目標」が叶わないワケ。


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、菊池です。

 

 

 

 

 

新年を迎えると、多くの方が、

 

「今年は○○な年にする!」

 

・・・という目標みたいなのを立てるかと思います。

 

 

 

 

もちろん、僕もその一人です。

 

僕の場合は、クリスマスを過ぎたあたりに

ザックリと頭の中にあった翌年の構想を、具体的にしていきます^^

 

 

 

そうすると、もう、何て言うんですかね?

 

 

心底ワクワクしちゃって、早く年を越したいっていうか

2015年にもう未練はないって感じで、年始を迎えることになるワケです!

 

 

 

 

モチベーションも、

 

 

グーン!!!!

 

 

・・・って感じで。

 

 

 

 

 

 

 

んが・・・

 

 

 

 

2週間も経ってみると、その勢いはどこへやら?

 

 

何を目標にしたのかさえも忘れてしまうほど、

いつの間にか日常へと引き戻されてしまうわけです。

 

 

 

 

実際、(諸説ありますが)新年に立てた目標の8割以上は、

たったの2週間で、記憶から忘れ去られてしまうそうです。

 

 

 

そして、覚えていたとしても、その中で実際に

「継続して行動する」方の割合は、1〜2割程度なんだそうです。

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

「今年は英語ペラペラになって海外でヒャッホーする」

 

「会社を辞めて起業して、今年中に年収1,000万になる」

 

「たるんだお腹をシックスパックにして、夏の海でフィーバーする」

 

 

 

色々と目標を立てた方もいらっしゃるでしょう。・・・・が、

 

 

 

 

 

安心してください。

 

 

 

 

その目標、

 

来週には忘れてますよ!

(今日もう6日だからね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・切ない(泣)

 

 

 

 

 

縁起でもないこと言ってしまって、すみません。

 

でも、このブログの読者である全国36万人のファンの方々は、

その「継続して行動する」1〜2割の方々で占めていることを願います。

 

(僕もそうでありたいと思います。切実に。)

 

 

 

 

 

 

で、ですね・・・

 

 

 

 

どうして、そんなにも人は

 

「変わろうとする」のに

 

「変われない」んでしょうね?

 

 

 

 

 

 

 

有名なのは、全ての人に備わっている

「ホメオスタシス(恒常性)」という機能の働きです。

 

 

 

 

僕らの平熱が、常に36〜37℃前後に保たれているのも、

血圧が安定していたり、切り傷が自然に癒えたりするのも、

ホメオスタシスの機能が、内的な環境を「変化させないように」しているから。

 

 

そしてその最大の意図は、僕たちの「生存」につながります。

 

 

 

 

 

つまり僕たちにとって、

生き延びるために「変わらない」ということが重要なわけです。

 

 

 

 

 

だからこそ、コーチングの世界ではよく

「アクセルとブレーキを同時に踏む」なんて言ったりしますが・・・

 

 

「前に進もう」というエネルギーと「その場に留まろう」というエネルギーが

同時発生した時に、生存本能としての「変わらない」ための力が勝るわけですよね。

 

 

 

 

 

そういうわけで、僕たちには

「変わろう」としても「変われない」ということが自然に起こるし、

それはある意味、生物として、生存本能が適切に機能している証拠なんですね〜。

 

 

 

 

だから、責めることないんです。

変われないからって。

 

それが当たり前なんですからね。

 

 

 

 

 

 

でもね、

 

僕たちのご先祖様から見たら、

ずいぶん僕たちは変わって来てる側面もあるハズなんです。

 

 

 

 

 

 

「適者生存」

 

・・・っていう言葉があります。

 

 

 

 

 

 

「強い者が生き延びたのではない。

 変化に適応した者が生き延びたのだ。」

 

 

 

この言葉の通り、僕たちは「変わらない」ことがベースにあるとしても、

その時代や環境に応じて「変わる」ということを選んできた種族なんだと思うんです。

 

 

 

 

 

つまり僕たちは、

「変化に適応できる生き物なんだ」ってことです。

 

 

 

 

 

 

ということは、

 

あなたが自ら変わろうとしなくても、

 

自然とあなたを変えてくれるような環境に身を置くことによって

 

あなたは自然とその変化に適応していくということです。

 

 

 

 

 

だからこそ、環境を変えた方が良いんです。

 

 

 

 

 

環境っていうのは、

 

住む場所だったり、通うところ、

部屋に置くモノや、本、使う道具や、着る服、

付き合う人や、お金を使うところ・・・色々とあります。

 

 

 

その中でも、あなたが掲げた

目標の達成が応援されそうな環境に身を置くことが大事です。

 

 

 

 

僕も、付き合う人や、住む場所、使う道具など、

ちょこちょこと、その時の目標に応じて色々と変えています。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、気をつけてください。

 

 

 

“環境が” あなたを変えるんじゃありません。

 

 

その環境に身を置くことで、

“あなたの行動を変わるから” 目標を達成できるようになるんです。

 

 

 

 

 

環境は、その足掛かりに過ぎません。

 

 

 

 

 

 

 

で、そうなると・・・

 

 

 

 

 

じゃあ、どうしたら自然に行動し、変化を起こせるようになるのか?

 

 

・・・ということが重要になるんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

それはまた次の記事で書こうと思います^^

 

 

 

 

2016年は、去年よりもバリバリ更新していきますので。

 

いつもの水曜日の定期更新はもちろん、

ちょこちょこと遊びにいらしてくださいね!

 

 

ではっ!

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. NLPコーチング

    何をやっても上手くいかない。裏目に出る。そんな時は・・・

    from 湘南の自宅オフィスコピーライティングコー…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP