NLPコーチング

困難な状況のとき、とるべき選択肢はこの二つだけ。


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、

起業家のためのコンサルタント/コピーライターの

菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

 

 

 

GWが(ほぼ)終わりましたね!

 

 

 

 

いやー、お疲れ様でした。

 

 

カレンダーの方は、週明けからまた7月後半の海の日まで

 

連休なしで頑張ってください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

それはそうと。

 

 

 

 

今回のGWではありませんが、

スポット的だったり、あるいは急激な変化を目の前にすると

僕たちは本能的に、二通りの反応をすることになります。

 

 

 

 

 

それが

 

 

 

戦う ̄  ̄)ノ っ☆

 

 

 

もしくは

 

 

 

逃げる。。。へ(。><)ノ

 

 

 

です。

 

 

 

 

「よしっ!休養したからとことん働くか!」という気持ちと行動と、

「あーもう無理。だるい。会社休む。やめる。」という気持ちと行動。

 

 

 

 

 

これらは生物として適切な反応ですから、

「戦うから強い」とか、「逃げるから弱い」とか、

そういう次元の話とは違います。優劣でもありませんので。

 

 

 

ただ、ですね。

 

 

 

 

起業家として、個人事業主として活動している僕たちには

 

そら逃げたらアカンで!

 

・・・って事もたくさんあるわけです。

 

 

 

 

 

 

例えば、ブログを書くこと。

 

ただ日記感覚で更新しているのと、僕たちが運営しているブログでは、

どちらが良いとか悪いとかじゃなく、明らかに意味合いが違うわけですよね。

 

 

起業家や個人で仕事をしている人の場合なら、ブログを書くのは「仕事」です。

 

 

つまり、ちょっとこれは極論すぎるかもしれませんが

「ブログを書こうと決めたのに書かない」のは「仕事をしていない」のと同じ。

 

 

 

 

 

いや、色んな理由があると思いますよ。

 

 

 

 

時間がないとか?

他にやることあるからとか?

何を書けばいいのか分からないとか?

 

いろいろね。

 

 

 

ただね、僕ら「ゆとり世代」は(←根に持ってるタイプw)

数々の諸先輩方に、このようにアドバイスいただいて育てていただいて来たわけです。(シャキっ)

 

 

 

「はあ!?やり方が分からねーからって、何ボッとしてんだアホ!

 分からねーなら聴けよ!言い訳してサボってんじゃねーよっ!」

 

「はあー!?自分のことは後だろうが!会社に迷惑かかってんだから

 グダグダ言ってねーで、まずは最低限、ふられた仕事やっとけ!」

 

 

 

そう、このように↑かなりハードに言われた事もあるわけです(笑)

 

 

 

 

 

まあ、これらの言い方が適切かどうかは別として・・・

僕はその瞬間、瞬間は、たしかにその通りだなと思ったわけですよ。

 

 

 

 

分からないなら、わかる人にすぐ聴けば良いし

 

自分の都合は目の前のことを済ませてから思う存分やったらいい

 

それが無理なら、辞めたらいい(笑)

 

 

 

 

 

でも、ついついやってしまいがちなのは、

 

「戦う」でもなく「逃げる」でもなく

「ただ黙ってその場に立ちすくむ」ことです。

 

 

 

 

まあ、時には無理もないですよ。

思考停止で、ただ立ちすくむだけ、その場に立ってるだけで精一杯な時もあります。

 

 

 

ただ、そうしている自分に気がついた時、そこからまた選択肢が生まれるわけです。

 

 

 

 

 

そう。

 

 

基本は、

 

 

 

戦う(向き合う)

 

 

 

もしくは

 

 

 

逃げる

 

 

 

この二つです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、「手放す」系のことは、「逃げる」とは

ニュアンスが違うのではないかと僕個人は感じています。

 

「手放す」は、結局のところ向き合わないと

最終的には手放せないので「戦う」なのではないかと。

 

 

 

そして「逃げる」は、言葉通り「逃げる」です。

 

言い訳しないで、潔く、尻尾を巻いて逃げてください(笑)

 

 

 

 

 

で、これは余計な一言なのかもしれませんが

 

きっと優しいセラピストとか、コーチとか、ヒーラーさんのブログなら

ここらへんで「でも逃げても良いんだよ」って言ってくれると思いますが・・・

 

 

僕は言いません(笑)

 

 

 

 

 

いや、逃げたくなる「気持ち」はアリだと思います。

ただ、逃げるという「行動」に対してはちょっと「?」です。

 

 

 

 

どうせ逃げるなら、何か別の価値あるものを得られるくらい

とことん何かの方向に向かって逃げたら、面白いですよね。

 

そうやって成功されていらっしゃる方も、大勢いらっしゃいますし。

(僕もある意味では、”勤める”ということから必死に逃げて来ましたしw)

 

 

 

 

 

僕たちは常に、選択と決断を迫られています。

 

そして「決めること」を求められています。

 

 

 

 

決めたら、あとはそれをただ淡々と「やる」だけ。

 

 

ぜひあなたも、あなたの分野のプロフェッショナルとして

『ファイトオアフライト』を実践されてみるのはいかがでしょうか^^

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. NLPコーチング

    自然に行動を変えて、目標達成する方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  2. NLPコーチング

    「全部、雪のせい…でいいの?」周りに流されない方法

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

  3. NLPコーチング

    セミナーで勉強しても、決心しても、人が変われない理由

    from 湘南・茅ヶ崎の自宅オフィスこんにちは、…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP