コミュニケーションとコーチング

「行動したいけど、行動できない」7つの原因。


from 湘南の自宅オフィス

 

こんにちは、

起業家のためのコンサルタント/コピーライターの

菊池達郎(きくちたつお)です。

 

 

 

 

先日、東京のお台場にて

『ブログライティング1dayセミナー』を開催しました^^

 

(満員御礼、いつもありがとうございますm(_ _)m)

 

 

 

毎回、参加者さんに喜んで帰っていただけるよう

僕なりにベストを尽くしてセミナーをしていますし、

世の中で行われている一部を除いたほとんどのセミナーもそうだと思います。

 

 

「何が何でも、参加者さんに成果を出してもらいたい!」

 

 

講師の方の心意気がヒシヒシと伝わってくる、良質なセミナーがたくさんありますもんね。

 

 

 

 

 

でも。

 

 

 

 

 

せっかく高いお金と、貴重な時間を投資したのに、

思うような成果を出せずに悩んでいる方も、多くいらっしゃると思います。

 

 

 

 

実際のところ、

成果が出せない理由のほとんどは

「行動できないから」につながるんですが・・・

 

 

 

じゃあ、なぜ、行動できないのか?

 

 

 

 

今回、その不思議(行動できない理由)を、いくつかアイディアに出してみました。

 

 

 

 

 

ちょっと辛口な部分があるので、

すこし刺激があるかもしれません(てへぺろ)

 

 

 

ご了承の上、お読みくださいね^^

 

 

 

 

 

今のあなたには、どのくらい当てはまるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行動できない理由。その・・・

 

 

 

1.モチベーションが上がらない

 

自分よりもモチベーションの方が偉いとでも思っているのか、

モチベーション待ちだったり、モチベーションに支配されている状態です。

行動力のある方は「モチベーションが上がったら行動する」ではなくて

「行動するからモチベーションが上がる」と仰っているように僕は感じています。

 

 

 

 

 

2.時間がない

 

お仕事をしていれば、たしかに物理的な制約はあるかもしれません。

休憩も、余暇の時間も、リフレッシュする時間も、もちろん大切です。

ただ、それでもどうしても時間を作りたいときには「やらないこと」を決めましょう。

ただでさえ「やることいっぱい」なんですから、それ以上に「やる」ことは難しいですね。

 

 

 

 

 

3.やり方が分からない

 

それを知るためにセミナーに行ったんですよね?

では、その講師の方に問い合わせてみましょう\(^o^)/笑。

 

 

 

 

 

4.目的を見失ってしまった

 

「何のためにこれやってんだろう・・・」と、目的を見失うこともあります。

 

「べつに表面的な目的なんてなくても、行動すれば分かってくる」と言いたいところですが

それではちょっと無責任なので(笑)一人で悶々としているよりも、コーチやコンサルタントに相談しましょう。

「目的がない」わけではなくて「整理できていない」だけのことが、とても多いです。

 

 

 

 

 

5.時間が無限にあると思っている

 

「時間がない」の逆パターンですが、これ、意外と多いですね。

「時間ならたっぷりある」と余裕を持つことは素晴らしいですが、

極端な話「死なない」と思うと、それは「余裕」から「怠惰」に変わってしまいます。

 

 

 

 

 

 

6.そもそもやりたくない

 

あまえてんj いえいえ、気持ち分かります。僕もやりたくないこと、いっぱいです。

感情抜きにして、そもそも「それあなたがやる必要ある?」ってことも沢山あります。

でも、いくら「やりたくない」と言っても、実際「やらなければいけないこと」はあります。

そういう時は、ぜひ外注してください!お金を払うだけで、その労力と時間を買うことができます。

あなたも「誰かのやりたくない・できない」を委託されているはずですから、そこはケチらないでください。

 

 

 

 

 

7.行動しないことで何かを得ている

 

多くの場合、行動しないで現状維持を保つことで、得ていることがあります。

例えば「不安を感じなくて済む」「挫折感を感じなくて済む」「安心していられる」など

何かしらの『行動することはリスクだ』という前提が、無自覚に身体に染み付いている可能性があります。

ただ、それは完全に勘違いです。むしろ『行動しないことが最大のリスク』です。

「自主的に、選択して、意図を持って、行動しないという行動をとっている」なら別ですが、

思考停止や怠惰で、無自覚に行動できていないのであれば、今一度チェックしてみても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

***

 

 

 

 

 

実際に行動できない理由はもっともっとあるかもしれません。

というか、あるでしょう。

 

 

が、実際に僕がよく耳にすることは、これらの原因がとても多いです。

 

 

 

 

ち・な・み・に・・・・

 

 

 

 

「行動できない!」と感じている時点で、あなたはとても「行動的」な方です。

 

本当に「行動しない」方は、そういうことさえ感じません。

(べつに良し悪しではないし、それを潔いともとれますが)

 

 

 

何かを得るためにか、あるいは内側からの衝動からか、または別の何かか・・・

 

とにかく「行動することが必要」な方は、まず行動できない自分を責めるのではなくて

それには何かしら原因があって、そしてそれは自分のほんの一部でしかない、と安心してください。

 

 

 

それから、見据えていきましょう。

 

 

今、この瞬間に、

すべきことは何か。

 

 

 

 

はい、じゃあこの記事を閉じたらまず、

 

 

あなたは何を

行動に移しますか?

 

 

サイン(貼付用)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行責任者:Be Coaching 株式会社
 代表取締役社長  菊池 達郎

【 公式HP 】 https://be-coaching.co.jp
【 facebook 】 http://www.facebook.com/tatsuo.k93
【 お問い合わせ 】 info@be-coaching.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The following two tabs change content below.
セールスコピーライター/1987年東京生まれ 神奈川・湘南在住/教育関係者、医療従事者、会社幹部、経営者などのコーチング実績を経て、大学卒業とともにNLPプロコーチとして独立。 起業家や経営者向けに、確実に売上を上げるビジネスコーチングを展開。貢献した売上増は、億を越える。 著書に「元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話〜あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!〜」がある。

関連記事

  1. コミュニケーションとコーチング

    「欲しいモノは、願ってもダメよ」って話

    from 湘南の自宅オフィスこんにちは、菊池です。…

▼菊池の著書

▼SNSもやっています

▼LINEで気軽に相談できます

友だち追加

PAGE TOP